ビューティーオープナージェルの成分を解析!副作用や毒性は大丈夫?

ビューティーオープナージェルの成分を解析!副作用や毒性は大丈夫?ビューティーオープナージェルを購入しようかどうか迷っている方は、

  • どんな成分が入っているの?
  • その美容成分って何がすごいのだろう?
  • 副作用はホントに大丈夫なのかなぁ?

などなど気になりますよね。

そんな方のために、ここではビューティーオープナージェルの成分について分かりやすく紹介します!

 

まずビューティーオープナージェル 全成分はこちら

ビューティーオープナージェル 全成分はこちら上の画像だと読めないと思いますので、ビューティーオープナージェルの全成分を書き出しました↓

水・グリセリンプロパンジオール・ジメチコン・エタノール・(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー・加水分解卵殻膜・水溶性コラーゲン加水分解ヒアルロン酸加水分解エラスチンセラミドNPセラミドNGセラミドAP水溶性プロテオグリカンスクワラングリセリルグルコシド・グルコシルヘスペリジン・イソステアリルアスコルビルリン酸2Na・乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液・グリシン・プラセンタエキス・カラスムギ穀粒エキス・コルクガシ樹皮エキス・(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー・キサンタンガムクロスポリマー・水添レシチン・フィトステロールズ・酸化銀・BG・DPG・ペンチレングリコール・PEGー32・ヒドロキシエチルセルロース・炭酸水素Na・フィチン酸・ポリソルベート60・香料・フェノキシエタノール

とにかく多すぎて、何が何やらサッパリ分かりませんね^^;

ですので、この記事ではとくに重要な前半の成分(太字)に限定して、それぞれ解説したいと思います。

 

なぜ、前半の成分が重要なの?

化粧品の成分表示は、配合量の多い順に記載されるからです。

つまり、前半に記載される成分ほど「配合量が多い=肌に与える影響も大きい」ということになります。

 

ビューティーオープナージェル 成分を解析してみた!

ビューティーオープナージェル 成分を解析してみた!では早速、ビューティーオープナージェルの代表的な成分を見ていきましょう。

 

グリセリン

水分の吸湿性が高いことから、一般的な化粧品によく使われる保湿剤です。

皮膚への刺激性やアレルギー性は弱く、使用感は「しっとり」系。

 

期待できる効果

保湿、肌の柔軟化

 

プロパンジオール

こちらも保湿剤の一つです。

先に紹介したグリセリンと併用することで、グリセリン以上の保湿効果も認められています。

 

期待できる効果

保湿、肌の柔軟化

 

加水分解ヒアルロン酸

200~600倍の水分を蓄える力があることから、化粧品で広く使われる保湿成分です。

加水分解によって低分子化されているため、角質層の奥まで浸透することができます。

 

期待できる効果

肌の水分量増加、水分保持

 

加水分解卵殻膜

卵殻膜とは、卵の殻の内側にある薄い膜のこと。

18種類のアミノ酸や、コラーゲン、ヒアルロン酸を自然に含んでいます。

人の肌に近いアミノ酸で構成されているため、化粧品として肌なじみが良いです。

赤ちゃんの肌に最も多く含まれるⅢ型コラーゲン産生をサポートしてくれるのが大きな特徴。

他にも、肌のツヤ・キメ・透明感など様々な働きがあります。

 

期待できる効果

肌のハリや弾力の改善、保湿、整肌、透明感、抗老化

 

水溶性コラーゲン

肌の奥でハリや弾力を保つ働きをしてくれる有名な成分。

肌なじみは良く、化粧品として肌から補った場合は保湿成分として作用します。

 

期待できる効果

保湿、バリア機能を強化

 

加水分解エラスチン

ゴムのような弾力のある繊維で、皮膚の土台を作っているタンパク質の一種。

年齢とともに減ってしまい、これもシワやたるみの原因に。

化粧品に配合された場合は、水分を蓄える保湿剤となります。

 

期待できる効果

保湿、肌のハリや弾力を保つ

 

セラミドNP・NG・AP

もともと人の肌に存在するヒト型セラミド。

外部の乾燥や刺激から肌を守るために働く、最強の保湿成分です。

  • セラミドNPは、保湿だけでなく、シワ軽減の機能も。
  • セラミドNGは、人の肌に最も多く含まれ、最も高い保湿力がある成分です。
  • セラミドAPは、肌の水分保持、ターンオーバー促進、シワ軽減などの機能があります。

 

期待できる効果

肌の水分保持と持続性の強化、バリア機能を強化、シワ軽減

 

水溶性プロテオグリカン

もともと人の肌や軟骨の中に多く存在している成分です。

肌では、コラーゲンやヒアルロン酸の産生を促し、ハリやツヤを保つ働きがあります。

ヒアルロン酸の1.3倍もの高い保水力を持っているのも大きな特徴。

さらに、ターンオーバー促進や、炎症を抑える機能もあるため、いま肌の若々しさを保つための成分として大注目されています。

 

期待できる効果

肌のハリや弾力の改善、保湿、抗老化、抗炎症、シワ改善

 

スクワラン

乾燥ダメージから肌を守ってくれる天然の保湿剤です。

低刺激な保護オイルとして、多くの化粧品に使われています。

人の肌に近い構造のため、肌なじみも良く、低刺激。

 

期待できる効果

保湿、肌の柔軟化、バリア機能の強化

 

グリセリルグルコシド

日本酒から抽出された、シロップ状の成分。

コラーゲンやヒアルロン酸の産生を促進し、肌の弾力や保湿に作用します。

しっとりとした潤いや、豊かなハリ肌へと導いてくれる成分です。

 

期待できる効果

保湿、肌のハリや弾力を保つ、ターンオーバー促進、メラニン生成抑制、抗炎症

 

ビューティーオープナージェル 副作用や毒性は?

ビューティーオープナージェル 副作用や毒性は?あらゆる口コミをチェックしましたが、今のところ副作用の報告は見受けられませんでした。

 

基本的に、ビューティーオープナージェルは低刺激なコスメとなっています。

肌に優しい成分がほとんどなので、副作用や毒性の心配はなさそうです。

 

一つだけ注意点を挙げるとすれば、ビューティーオープナージェルには、エタノール(=アルコール)が配合されています。

保湿成分として配合される成分ですが、合わない人には刺激や乾燥を感じる可能性も。

なので、過去にアルコール入り化粧品で肌トラブルがあった方に限っては、避けたほうが良さそうですね。

とはいえ、ほとんどの方にとっては問題なく使える成分ですので、安心してください。

 

ビューティーオープナージェルの成分については、以上となります。

 

こちらの記事も人気!

© 2021 ビューティーオープナージェル販売店※56%OFFの最安値で買えるのはココだけ!